貸切バスを利用する際に注意したいこと

旅行や研修、また合宿など大人数で移動しなければならない場合、日帰りでも宿泊でも、貸切バスを利用することには色々なメリットがあります。なぜなら、参加者全員で同じ行動をとることが出来ますし、参加人数が多ければ多いほど、按分すれば自分達の車を利用するよりも一人当たりの費用も安く済むからです。

ただし、個人の車を利用する時よりも注意しなければならない点があることも確かです。
例えば、団体旅行や社員旅行の場合、運転手がいるので初めからお酒を飲んだり、またつまみを食べたりしながら移動することも可能で、大きな楽しみの一つでもあるでしょう。常識の範囲内で飲食物の持ち込みは可能となっているバス会社もあります。
ただし、この時に出たゴミは車内に放置するのではなく、責任をもって自分達で処分しなければなりません。

他にも目的地や休憩ポイントにおいて、まとまった人数でワイワイ騒いでしまったりして他の方の迷惑とならないようにする必要もあります。

どれも基本的なことではありますが、団体での楽しい旅行の中では盛り上がることによって羽目を外してしまうこともあります。
マナーを守って最後まで楽しい貸切バスの旅となるようにしたいですね。